【 体験談 】ピルを初めて飲んだ感想【 症状が劇的に改善しました 】

みなさん、こんにちは。eicocoです。

 

女性特有の悩みとして、「生理前症候群(PMS)」の症状でお悩みの女性は少なくないと思います。

私も以前より、PMSで苦しんでおり、日常生活にも支障が出るほどでした。

しかし、婦人科を受診してピルを飲み始めてから、PMSが劇的に改善しました。

ピルは一般的に、避妊目的で飲むものと認知されている方の方が多いと思います。

しかし最近では、PMSの症状改善のために飲んでいる方も少なくありません。

今回の記事では、

「ピルを飲んで、本当にPMSは良くなるの?」

「ピルを飲むことによってどんな症状(副作用)が現れるのか不安」

と、お悩みの女性に、私が初めてピルを飲んだ感想をお伝えしたいと思います。

 

注意※あくまで個人の感想であり、効能・効果を表している記事ではありません。

 

ピルの飲み方

私が飲んでいるのは、低用量ピルです。

ピルの種類によって、飲み方はさまざまです。

私が飲んでいるピルは、初めて飲むときは、まず月経が始まった日に飲み始めます。

1日1錠を決まった時間に飲みます。

21日間連続して飲み、その後7日間飲むのをお休みします。

28日を1クールとし、同じ方法で繰り返し飲み続けます。

ピルを飲む前の症状

過多月経

経血量が多く、貧血もあったため、経血の量を減らす目的でピルを飲み始めました。

月経2日目がピークで、漏れてしまうかもしれないという不安と、体のだるさがあり、外出をすることもできない程でした。

もちろん仕事にも行けませんでした。

その他のPMS

その他の症状では、頭痛・肩こり・体のだるさ・イライラなどがありました。

頭痛・肩こりは、吐き気を伴う程です。

痛み止めは欠かせません。

月経2日目のピークのときには、体がだるくて寝込みます。

このときばかりは、子どもたちにYouTubeを見せて、私は横になって休んでいます。

イライラでは、普段なら怒らないようなことで、子どもたちに怒ってしまったり、旦那が家にいるだけでイライラしてしまいます。

わけもなくイライラし始めると、「生理来るかな~」ということを予感していました。

ピルを飲んで改善したこと

過多月経の改善

21日間ピルを飲んで、その後7日間飲むことをお休みしますが、そのお休みの間に月経が始まります。

月経が始まると、「これ本当に出血?」という程、ごく少量でした。

生理の終わりぐらいな感じです。

月経中でも、出血の量が少ないため、当然体のだるさはありませんし、むしろ調子が良いのです。

PMSがなくなった!?

頭痛・肩こりの症状が出ませんでした。

体のだるさも、月経前後でありませんでした。

イライラに関しては、コロナで引きこもりが続く状況だったので、そのためにストレスが溜まってイライラしたのかなっていう程度でした。

理由がなくイライラしたり、わけもなく子どもに怒ったりすることはありませんでした。

その他の症状

ピルを飲み始めると、よく「ニキビができにくい」「お肌がすべすべになる」など、お肌の状態が良くなるということを耳にします。

私もですが、なんとなくお肌がふっくらやわらかくなったような感覚があります。

時期のせいか、乾燥はするので、保湿は今まで通りしています。

その他には不正出血がありました。

これは、ピルの副作用にもあることですが、不正出血がだらだらと続き、ピルを初めて飲んだ時は、月経期間が2週間くらい続きました。

ピルを初めて飲んだ感想:まとめ

これはあくまでも、私個人の感想です。

 

PMSの症状にも個人差があり、女性特有の症状であるため、周りからの理解も得られにくいこともあると思います。

職場の上司やパートナーにも相談しづらいのではないでしょうか。

私はピルを飲んでからは症状が改善し、生理前でも穏やかに過ごすことができています。

もし、PMSで悩んでいる方がいるなら、一度病院を受診し、医師に相談してみてはいかがでしょうか。

 

オンラインで診察できる「スマルナ」。

忙しくて病院にいけない方

実際に病院に行くことに抵抗がある方

家から出なくても、診察することができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました