新型コロナウイルスによる緊急事態宣言延長!!密室育児に悩むママたちに逃げ場を。

みなさん、こんにちは。eicocoです。

 

緊急事態宣言が延長され、5月末まで休学・休園が続く地域が多い中、密室育児に悩むママたちの気持ちは、すでに限界に達しているのではないでしょうか。

「みんな同じ状況だから、自分だけ弱音を吐いてないけない」

「自分よりも苦しい思いをしている人がいるから、自分はもっと頑張らなければいけない」

そんなふうに思っているママたち。

ここでは頑張らないでください。

すべて吐き出しちゃいましょう。

子育てに関する立派なアドバイスなんて私にはできませんが、みなさんの胸のモヤモヤや、たまりにたまっているストレスを受け止めます。

注※ 志高い人やもっとポジティブにいこうという考えの方は、この記事を読むのはご遠慮ください。

 

私の気持ち、すべて吐き出します。

密室育児が続く中、私のストレスは限界に達しています。

なので、ここで私の今の気持ちを吐かせてください。

子どもに対して

子どもは何も悪くありません。

悪いのはコロナですから、子どもに非はありません。

わかっているんです、わかっているのに、子どもにイライラしてしまいます。

朝ご飯を食べたばかりなのに、「お菓子まだー?ゲームしていい?」。

ゲームばかりさせてもいけないと思い散歩に連れていくも、公園では遊ぶことができず、すぐに帰ってくる始末。

おもちゃで遊んでいても、「ママ、ママ。ママ見てー」。

気持ちに余裕のない今は、子どもに呼ばれるだけでもイライラが募ってしまいます。

自分の機嫌で子どもを怒鳴ってしまい、あとになって後悔する日々が続いています。

悪循環ですね。

旦那に対して

旦那には以前、コロナとは関係のないときに、子育てに関しての気持ちを吐き出したことがあります。

「子どもと一緒にいるのがつらい。もう無理。」と。

だけど、そのときに旦那から出た言葉は、「頑張るしかないよ」でした。

この瞬間、「この人には相談してもムダだな」と、一瞬で諦めがつきました。

なので、今回も密室育児で悩んでいますが、旦那には何も期待していません。

潜在看護師として

私は看護師の資格を持っていますが、現在仕事はしていません。

いわゆる、潜在看護師というものです。

今、コロナの最前線で働いている看護師の話を聞くたびに、私の中の看護師の血がウズウズしています。

「私も社会に貢献した」「何かできることはないだろうか」

しかし、今の私にできることと言えば、家の中に閉じこもっていることぐらいです。

幼稚園も休園中で、子どもを見てくれる親も近くにいません。

この状況で働くことは難しいです。

自分に対して

SNSを見れば、子どもと一緒にお菓子作りをしたり、製作などをしたり、おうち時間を子どもと楽しく過ごしている立派なママたちがたくさんいます。

それに比べて、何もしてあげられない自分は、ママとしてダメだと思ってしまいます。

大好きなウォーキングをして気分転換をしていますが、今はそのウォーキングさえも疲れがたまる原因になりつつあります。

密室育児に悩むママたちへ

自分の気持ちが爆発して、子どもを怒鳴ったり、叩いてしまう不安があるのなら、一日中子どもにゲームをさせたり、動画を見せて、ママはゆっくりと自分の時間をとって、心を落ち着かせる方が良いです。

そして次の日は、前の日より少しだけ子どもにママの笑顔を見せることができれば、それだけで十分です。

比べるのはSNSの中にいる他人ではありません。

昨日の自分です。

みんな同じ状況だから、自分だけ弱音を吐いてはいけない。

自分よりも苦しい思いをしている人はたくさんいるから、自分はもっと頑張らなくてはいけないと思っているママもいるかもしれません。

しかし、頑張る必要はありません。

あなたはもう十分頑張っています。

自分がつらいときに他人のつらさを思いやることは、とても立派なことかもしれませんが、これ以上、自分をいじめないでください。

まずは頑張っている自分を認めてあげましょう。

頑張っている自分を大切にしましょう。

 

他にも頑張っているママたちがたくさんいますよ。

外出自粛でストレス倍増。子育てママたちの悲痛な叫び。【もう限界です】
コロナウィルスによる、緊急事態宣言が続くなか、密室育児で虐待が増えているとのニュースを見ました。 私も、いつ子どもに手を上げてしまうのか、自分の気持ちを抑えることができずに爆発してしまうのではないか、この状態がいつまで続くのか、不安や葛藤で悩んでいます。この記事では、そんなママたちの悲痛な叫びやリアルな声、そして私自身の密室育児の本音をさらけ出しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました